専業主婦の在宅ワーク日記

専業主婦だけど家計に貢献したい。在宅ワークで月3万円稼ぐことを目標にしています。登録サイトはランサーズ、げんだま、リア食など

2017年3月の在宅ワーク収入

三十路専業主婦1歳児の母、クラウドソーシングやポイントサイトでの収入を毎月公開しています。

どん底だった先月よりは回復基調ですが、ピーク時にはまだまだ届きません。。。

 

ランサーズ 4739円(↑)

げんだま 5.7円(↓)

リア食   40円(↑)

不満買取 188円(↑)

----------------------------------

合計4972.7円でした。

 ↑は前月比プラス、↓は前月比マイナス

f:id:kasegitaihaha:20170401204828j:plain

不満買取は頑張ったなぁと思ってたんだけどこんなもんか、と少し残念(ちなみに今月は朝ドラ「べっぴんさん」への不満を書きまくりました・・・最後までイマイチで突っ込みどころ満載なドラマだった気が)。

リア食は最近連続ボーナスをもらえる条件が厳しくなったこともあり、モチベーションが下がり気味。今までは1週間に1枚でも写真送信→8週連続でボーナス獲得だったのですが、今後は最低でも1週間に11枚送信を8週間続けなくてはならないらしい・・・ブログに献立データベースを載せるという新たな日課(?)ができたので、リア食の写真撮影もついでに頑張りたいです。

ランサーズは記事作成の仕事2件、その他もろもろ5件くらいでこの値段でした。

12月に受注して、期限がないのをいいことに放置していた記事作成の仕事をやっと片付けることが出来ました・・・ホッ。

WELQショック以来、記事作成の仕事は控えめにしています。(「自分の力で書ける」「ブログに書きたいことともかぶらない(他人のモノになってもよい)」と思った案件以外はやらないように・・・)

 詳しくはこちらの過去記事に↓

 

kasegitaihaha.hatenablog.com

 

 

 

kasegitaihaha.hatenablog.com

 

となるとデータ入力などの単純作業系がメインになるんですが、やっぱり単純作業よりは、記事作成などのライティングの方が圧倒的に報酬がいいんです。3月の報酬も内訳をみると8割がたが記事作成に頼っています。正直、今の仕事の選び方では10000円/月に戻すのは難しいです。

データ入力でも、タスク案件よりはプロジェクト案件の方が報酬が高い(まとまった量で受注できる)ので、いくつか応募してますが未だ採用されず。

4月はもうちょっと積極的にデータ入力のプロジェクト案件に応募していきたいです(採用率もブログで公開しようかなと思っています)。

 

 

春休み。公園の憂鬱

春休みに入ってから、なかなか公園に足が向かなくなりました。

とにかく、小学生が多い・・・・

行きつけにしている公園が大規模・中規模・小規模と3種類くらいあるのですが、どこも小学生だらけ(中規模が一番ましかな)

いや、小学生だって春休みは暇を持て余してるだろうし、公園で遊ぶ権利は大いにあるのでそこに文句をつけるつもりはないのです。

ただ、いかんせん娘(1歳4か月)が、小学生の輪に突撃しやすい体質なので困ります。男の子たちの鬼ごっこ、缶蹴りの輪に躊躇なく入っていこうとするので制止するのがつかれます。

「危ないからやめよう」って言っても聞く耳持たず。

結局、生きのいいマグロ状態でギャン泣きしながら強制撤収することも多々あります。

空いているときは砂場に何十分でもいるのに何故だろう・・・・

 

小学校高学年以上の子は・・・

小学校中学年くらいまでは純粋に公園で「遊んでいる」けど、

それ以上に大きい子はスマホしたりゲームしたりおしゃべりしたり、って子が多いですね。別にいいんだけど、それって家でもできるんちゃう??って思ってしまいますね。

せめて遊具の近くじゃなくてベンチとか通路の端でやってくれればなぁ。。。

お菓子食べ散らかして汚いなぁ。。。。

なんて言えないけどねぇ、怖いから。

最近の子供ははおしゃれですよね。特に女の子。ニット帽にガウチョパンツ履いて、どこの素敵ママかと思いましたもん。オシャレな人には年齢関わらずビビる私です。

 

娘が小学校高学年になるのはまだまだ先だけど、こうやって公園でたむろするくらいなら、習い事やスポーツさせて予定埋めてしまいたいなぁと思ってしまう。

 

彼ら彼女らも好きで暇を持て余しているわけではないだろうから、学校もそういう子のために教室を居場所として開放してあげたらどうかな、と思います。

自習室と休憩室(飲食OK、スマホ・ゲーム持ち込みOK)を分けて、たまーーーに先生が見回りに来てくれたら規律が保てないかな。公園でなんとなく溜まるよりも。

 

公園で見かけた おばあちゃんと女の子の話

お母さんがお仕事でいないからか、おじいちゃんおばあちゃんと遊びに来てる子もよく見かけます。

中規模公園に行ったとき、おばあちゃんと小学生の2人姉妹(3年生&1年生くらい?)が遊んでました。

とにかく、そのお姉ちゃんが口が悪くて。

「公園なんか来ても全然楽しくない!」

「○○(妹)と遊んでも全然楽しくない!」

一番耳に刺さったのは

「○○(妹)、ほんま死んでほしい!」

 

大きな声で、何度も何度もお祖母ちゃんに言ってました。

お祖母ちゃんはベンチに座ったまま無言・・・。

あまりの暴君ぶりに「そんなに楽しくないなら帰りな!」と私が怒鳴ってしまいそうでした。

きっとお祖母ちゃんも最初は言葉づかい注意したかもしれないけれど、言っても聞かないから疲れて無言になっちゃったんだろう。春休み中ずっと見ているんだろうし。

だからお祖母ちゃんを責める気にはなれないんだけど、なんだかなぁって悲しくなってしまいました。

 

子育てをすることは、親世代の我々にとっても気力体力消耗するものだから、祖父母世代はもっと疲れるだろう。

大きくなるにつれ、躾けたり、叱ったり、ただ見ているだけでは済まなくなるし。

遊びだって激しくなって、ご老人には付き合いきれなくなる。

子供も甘くて遊びについてこれない祖父母に対して段々なめてかかるようになる。

祖父母に預けちゃいけないなんて全然思わないけど、代替案も思いつかないけど、預けているから安心って思っていると、どこかで歪が生じるのかもなと思いました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、公園で人間観察しすぎていろいろ疲れたので、明日は家に閉じこもろうかと思います。寒いみたいだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

献立データベース①20170324~20170325

先日、家事に向上心を持ちたいと書いたのですが、手始めに、献立データベースを始めてみたいと思います。

目的は、献立+その献立に対応する買い物リストのデータを蓄積&使い回しすることで、料理をルーティン化→楽にすることです。

献立

20170324
(1日目)

【朝食】
ごはん
ウインナー
トマト
ブロッコリー

【昼食】
ごはん
餃子スープ(残り物の餃子・長ネギ・青梗菜)
 ※味付けは創味シャンタン+醤油

【夕食】
ごはん
中華スープ(お昼の餃子スープの残り)
豚コマの甘酢炒め(豚コマ・赤パプリカ・玉ねぎ)
 ※オレンジページ20170402号18P参照
人参たらこバター和え(人参・たらこ)
 ※オレンジページ20170402号54P参照
納豆と水菜の和え物(納豆・水菜)
f:id:kasegitaihaha:20170326084230j:plain

20170325
(2日目)

【朝食】
ごはん
玉子焼
たらこ
ブロッコリー
トマト

【昼食】
丸亀製麺で外食

【夕食】
ごはん
味噌汁(豆腐わかめネギ)
豚コマの甘酢風味蒸し(豚コマ・もやし・しめじ)
オレンジページ
20170402号23P参照
とまらんピーマン
オレンジページ20170402号52P参照(注)
水菜の納豆和え(水菜・納豆)
f:id:kasegitaihaha:20170326084913j:plain

(注)レシピからちりめんじゃこ抜いて作りました。

買い物リスト

豚コマ大パック1
たらこ
ウインナー
パプリカ
しめじ
もやし
青梗菜
水菜
トマト
ブロッコリー
卵★
納豆★
豆腐★
冷凍餃子★

※★の食材は冷蔵庫にストックあったものを使用。







 

向上心を持って家事に取り組みたい

自分で言うのも変ですが、私は勉強が好きな子供でした。

「【勉強】そのものが好き」というよりは、

後で見やすいようにノートの取り方を工夫したり

単語帳をカスタマイズしたり

効率の良い試験勉強のスケジューリングを模索したり・・・・

そういう「ちょっとした工夫をすることが好き」だったように思います。

 

結局本質的な「学ぶこと」が好きなわけではなかったから、大学入学以降は落ちこぼれてしまったわけですけれども。。。。

 

働いているときも、仕事内容はさておき、作業効率とか動線の改善活動は結構好きでした。

 

翻って今の自分。

専業主婦だから、私の主な仕事は家事(+今は育児)だけれども、正直、ただ毎日ルーティーンをこなしているだけで何の工夫も改善もできていない。

家事なんて、私が本来好きだった「ちょっとした工夫」が生きる箇所が山ほどあるのに。

献立考えるのめんどくさい、掃除めんどくさい、料理作るのめんどくさい、あーぁめんどくさい・・・・って思いながら、ただひたすら毎日なんとが凌いでいるだけ。

めんどくさいと言いながらやり方を変えることもせず。

なんか、やり方を変えることすらめんどくさくて。

この成長できてない停滞感が、専業主婦としての自分の存在感モヤモヤの原因かもしれません。

 

主婦スキル上げたいなぁ。というか、せめて向上心をもって家事に取り組みたい。

20年後、50代になっても「あ~、家事めんどくさいなぁ」って散らかった部屋で呟いてる自分を想像したらなんか怖い。

 

ということで(?)オレンジページを買ってみました。

 

恥ずかしながら今までまともに料理の本って買ったことなかったのです。

何となく、目分量で、よくわかんないときはネットを見てなんとなく見つけたレシピを参考にして。

 

オレンジページの通りに肉野菜炒め(豚こま、キャベツ、ねぎのはちみつ味噌炒め)作ったらやっぱりいつもよりおいしかったです。

 

今、考えているのは献立と買い物リストのデータベース化。

自分の中で(好き嫌いは別として)最高にめんどくさい家事は、献立決めと買い物なのです。

2~3日おきに買い物に行ってるから、2~3日分の献立とそれに伴う買い物リストをデータとして蓄積すれば、いちいち考えなくてよくなるので楽になるかなと。。。

 

2~3日分のデータが20セットもあればその使いまわしで一生献立組めそうな気もするし。

 

とりあえず思い立ったが吉日、データベース化を始めてみたいと思います。

 

 

「東京タラレバ娘」にでてきたピェンロー鍋を作りました

今クールで唯一見ているドラマが「東京タラレバ娘」なのですが、先週の回で早坂さんが作ってたピェンロー鍋が気になったので作ってみました。

参考にしたレシピはこちら↓中国の家庭料理らしいです。
www.dancyu.com

手順

1.干し椎茸を水で戻す
f:id:kasegitaihaha:20170321120339j:plain

2.干し椎茸を切り、白菜の固いところと一緒に煮る
f:id:kasegitaihaha:20170321120507j:plain

3.鶏もも肉と豚コマを投入
f:id:kasegitaihaha:20170321120558j:plain

4.白菜と肉が煮えたらごま油を鍋に一回し
f:id:kasegitaihaha:20170321120723j:plain

5.白菜の柔らかいところを鍋に投入、15分くらい煮る
f:id:kasegitaihaha:20170321120848j:plain

6.最後にマロニーちゃんを入れて、ごま油を回しかけたら出来上がり
f:id:kasegitaihaha:20170321121017j:plain

7.お椀に塩と一味唐辛子を入れ、鍋の汁で溶いたものをつけダレとして食べる

本家のレシピから、豚バラを豚こまにしちゃったり、春雨をマロニーにしちゃったりいろいろ変えてしまいましたが、
白菜以外の余計な野菜を入れないってとこは守りました。
具材の種類が少ないので買い物簡単でいいですね。手抜きじゃなくて「ピェンロー鍋」っていう大義名分があるから、堂々と出せる(笑)
しかし、白菜の外葉は煮込むと色が汚くなりますね・・・もったいないから入れちゃうけど。
マロニーは乾燥したのをそのままぶち込んだら、スープを吸っちゃって水位が急激に下がったので水を足す羽目になりました。
マロニー(ほんとは春雨)は別途戻してから鍋に入れた方がよいです。

お味は?

ごま油が入っているので、まったり感があっておいしかったです。味付けが塩だけの割にコクがありました。
ただ、シンプルな味付けだけにやっぱり飽きます。。。
本来は、鍋の汁と塩+一味で味わうのがこの鍋の醍醐味で、余計なものはつけたりかけたりしちゃいけないルールみたいですが・・・結局半分食べたら飽きてしまい、結局ポン酢やらゴマダレやらかけました(汗)
夫曰く、「ポン酢ってうまいな。よくできてるな。」とのこと。
シンプルなのでポン酢のうまさが際立つ鍋ともいえるかもしれません。

東京タラレバ娘」今日で最終回

先週は主人公の倫子が彼氏の早坂さん家に行く途中で、Key(別の男・若い)に涙を見せられ思わず抱きしめるってとこで終わってました。
早坂さんが家でピェンロー鍋作って待ってるのに・・・
きっと早坂さんはまじめだから、当日突然誘ったふりして、前日からしいたけ水に戻して準備してたんだろうな、と思うとほんと倫子ってクズやなぁと思います。
香のように婚活してもうまくいかないというなら応援したいけども、自分からあっちこっちの男になびいているようじゃなぁ・・・そりゃ結婚できないよって思ってしまう。とはいえ、結末はどうなるのか楽しみにしてます。
今日で最終回、倫子がピェンロー鍋にありつけるのか楽しみです。

趣味を一つやめました

趣味を一つやめようと思います。

その趣味は、スポーツ団体のボランティアのようなもので、学生時代にその競技をやっていた縁で、子供が生まれる直前まで5~6年間やっていました。

一緒に活動している方に出産祝いまでいただいて、余裕ができたらまた戻ってきてねとも言ってくれていたのに、申し訳ないというか心苦しいというか、そういう気持ちもありつつ、でも考えれば考えるほど、辞めようとしか考えられなくなってしまいました。

自分の気持ちの整理もかねて吐き出していきます。(長くて読みにくくてつまらない記事です)

 

趣味の概要

・活動は年間14~20日間くらい(シーズンオフ/オンがあるので、活動のない月もあれば、毎週活動がある月も)

・活動は土日が多いが平日もたまにある。平日はやや人手不足。←専業主婦には平日出てこれることが期待されているのでは?と勝手に感じている。

・活動は早朝~深夜までかかることが多い。泊りがけになることもある。

・活動拠点が今の家から遠い(新幹線で半日)。実家からも遠い(新幹線で半日)。義実家には割と近い(電車で1時間)。

・交通費や宿泊費は支給されることもあるが、満額出るとは限らない。

・夫も同じ活動を趣味でずっとやっている。所属団体が微妙に違うが、夫と活動日が被ることもある。そういう場合は夫に預けて自分が活動するという選択肢はとれない。

 

やめようと思った理由

・子供の預け先について

趣味を続けるとなれば、義実家に預けるのが一番自然な選択肢だが、どうしても抵抗がある。行ったことのない義実家への環境の不安はもちろんあるが、一番は義実家に借りを作りたくないという気持ち。

自分が立会いのもと孫の顔を見せに行くのは「行ってあげてる」立場だけど、私の都合で孫を預けて「孫の面倒見てもらってる」立場になる(不遜な考えかもしれないが)。「あげてる」立場から、「もらってる」立場になるのが、いやだ

また、義実家の方は今まで会うときも、10時集合18時解散みたいな感じで、お互い疲れないように配慮してくれてるのを感じるので、深夜から早朝までお願いしますとは頼みにくい。かわいがるのと面倒見るのは違うので、義実家の方の精神的・体力的負担も心配。

民間の一時保育を利用することも考えたけど、費用が高すぎる。

夫に見てもらえる時だけ活動することも考えたけど、それだと平日に活動するの無理だし、移動に時間かかるから深夜や早朝出られない。

そこまであれこれ骨を折って、仕事でもないこと、あくまで趣味の活動を続けるべきなのか・・・考えて答えはNo。

 

・資格の失効

今夏に活動するのに必要な資格の講習があるが、その頃には臨月に入っているだろうからおそらく出られない(=資格が失効する)。資格が失効しても、活動はできるけどやれることが限られてくる。それで、活動を続けていくモチベーションが下がってしまった。

子供がいて遠方で出てこられる時間が限られる上、資格もなくてできることも限られる、そういう人がいても組織の上の人も使いづらいのではないか。

迷惑をかけてまで、その趣味にしがみつく必要はあるのか?・・・答えはNo。

 

・費用的な問題

先にあげた一時保育の費用以外にも、義実家に預けるならそれはそれでお礼が必要だろうし、宿泊費・交通費などいろいろ考えると1回活動すれば万単位でお金が飛ぶと思われる。

夫に養ってもらっている専業主婦かつ10円単位でクラウドソーシングの仕事で日銭を稼いでいる今の自分にとって、身分不相応な趣味に思える。

 

趣味をやめる根本的な要因は自分の「全か無か」「甘え下手」な性格

・義実家に借りを作りたくない

・使いづらい人になってまで趣味の場にしがみつきたくない

子供のためと見せかけつつ、「人に疎まれるくらいなら、完璧にできないくらいなら、やめてしまえ」な、全か無か思考かつ甘えべたな自分の性格が根本的な原因

「子供をちょっと預かってください」「今まで通りにできないけど参加させてください」と素直に甘えられる性格だったら続けていたかもしれない(少なくとも続けてみようとあがいてはいたかもしれない)

よくよく考えると、妊娠を機に仕事を辞めたのもそういう自分の性格が主な要因だと思います(実際は夫の転勤で辞めざるを得ない状況だったが、そうでなくても産休育休取らずにやめてたと思う)。

 

自分で辞めると決めたけど夫にイライラする

この土日も夫は趣味の活動でいませんでした。

やめろとは思わないけど、長年やってれば簡単に辞められないのも分かっているけど、「私は辞めてここに縛り付けられているのに」とどうしようもなくイライラする。

イライラを解消しようと土日に子供と2人で出かけても、(お父さんのいる)家族連ればかりでイライラする。公園も、ショッピングモールも。。。

それで子供にあたってしまったりもする。

本当に反省。「あなたのためよ」とばかりにここにいる理由を子供のせいにして、その上八つ当たりとは。

縛り付けられているんじゃなく、自分で自分を縛っているだけ。

実際、今も夫は続けたら?と言ってくれてるわけだし。

この趣味は、働いていたころ職場以外の居場所、仕事以外のやるべきこととして私にとってよい気分転換になっていました。

しかし、年を重ね、状況は変わり、この活動によって得られる気分転換の効果以上に、活動を続けることによるデメリットが上回ってしまった。

誰かに奪われたわけではなく、自分で決めたこと。

「夫の転勤が無かったら」「義実家にもっと預けやすい関係性を作っていれば」とタラレバ言っても仕方ない。

昨日は夫がいないのをいいことに、夜食にピザを取った。少しだけ、気分が晴れた。夫がいない日はこうやって少しだけ贅沢しよう、そうしよう。それで、子供にも夫にも穏やかに接することができるなら安いものだ。

この趣味は辞めてしまうけど、ブログ・在宅ワークなど家の中でも作れる家庭以外の居場所をどこかに見つけていきたいです

 

ダイソーの毛糸&かぎ針で子供の帽子を作りました

もう、春がそこまで来てるのに・・・いまさら毛糸?いまさら帽子?と自問自答しつつ編みました。

f:id:kasegitaihaha:20170313224553j:plain

本当はベストを編みたいと思っていたんですが、
kasegitaihaha.hatenablog.com

かぎ針のベストを本やネットで見ていると
見た目からして「THE 手編み」って感じのが多い。
着てても「手編みですか?」って聞かれないような、好みのデザインのがあんまり見つからなくて・・・・
といろいろ検索しているうちに、かぎ針で編める帽子の編み方解説動画を発見。
こっちの帽子の方がかわいいやん、と帽子に変更。

参考にしたのはこちらの動画です↓

www.youtube.com

編み方の名前とかよくわからない、編み図も読めない、超初心者ですが、動画のみを頼りに何とか編めました。
こんな動画をわざわざ作ってくれるなんて親切な人もいるものだ・・・・

毛糸はダイソーで買った100%ウールの毛糸。
白1玉、赤マーブル2玉の合計3玉を使い切りました。
かぎ針と閉じ針も買ったので、出費は合計540円。

かぎ針編みって伸びない&スケスケで寒そうなイメージあったんですが、この帽子はよく伸びるし毛糸も密になっててあったかいです。

本当は1段60目になるはずが、気づいたら68目になってました・・・・なぜ??
その影響で、思ったより大きめに仕上がっております。


500mlペットボトルとの大きさ比較
f:id:kasegitaihaha:20170314121622j:plain

1歳4か月の子供がかぶると耳まで隠れるくらいぶかっとしているので、来年も余裕でかぶれそう。

ただ、作ってから気づいた問題点。
うちの子、帽子嫌いみたい(泣)
かぶせた瞬間ものすごく嫌な顔されて上島竜平ばりに帽子を投げ捨てられます。
テレビや砂遊びに集中してる時に後ろからそっとかぶせてみても、1分とかぶっててくれません。
しょうがないんで私が頭頂部に載せておしゃれニット帽風にかぶってます(家の中でのみ)。

来年の冬までには帽子好きになってくれるといいな・・・